シャフリングベビーに関する悩みを相談できる助産院

赤ちゃんを育てる中では次から次へとわからないことが出てきて頭が混乱しがちになり、初めて子育てをする人はまるで未知の世界に足を踏み入れたかのような心細さを味わうものです。新生児の時期を過ぎてもまだまだ安心はできず、赤ちゃんがハイハイを始めてから一人で歩き始めるまでの時期も移動範囲が広がるため目が離せません。
中にはハイハイをせずに座ったまま器用に移動する赤ちゃんもいますが、このような赤ちゃんのことをシャフリングベビーと言います。ハイハイからつかまり立ちを経て歩き始めるようになる赤ちゃんと比べ、シャフリングベビーは歩き始めるのが全般に遅い傾向も見られます。
そのため赤ちゃんがシャフリングするようになると発育の遅れを心配し、何か障害があるのではないかと思う親御さんも少なくありません。たいていのシャフリングベビーは個性の表れで問題なく育つケースが多いとは言え、ハイハイをしない原因がわからないと不安になりがちです。
助産院に相談してみれば適切なアドバイスが受けられ、シャフリングベビーの悩み解決につながります。助産院は出産の介助を行うだけでなく、赤ちゃんの保健指導など育児相談にも応じている施設です。経験豊富な助産師さんがいる助産院ならシャフリングベビーはもちろん、赤ちゃんの健康状態から行動の理由に至るまでのさまざまな知恵を授けてくれます。

シャフリングベビーが気になるならアドバイスを受けよう

初めての育児は不安なことだらけですよね。親や友達など身近に相談ができる相手がいるとは限りませんし、1人悩んでいるとストレスも溜まって精神にも良くありません。そこで悩めるお母さんのために、助産院では育児に関する相談を受け付けています。別の病院で出産した方でも相談できますので、、お近くの助産院を探して足を運んでみてはいかがでしょう。
例えば皆さんはシャフリングベビーという言葉はご存知でしょうか。生後10か月を過ぎてもハイハイをしない、座ったまま移動したり足を地につけることを嫌う、抱っこした状態でも足を下に下げないなどの特徴をシャフリングベビーと言います。まだはっきりとした原因は分かっていないようですが、大抵は2歳を迎える頃には自然に歩き出し、それ以降は平均的に成長していきます。
ただ足の筋力低下など、何らかの疾患もシャフリングベビーの場合は考えられますので、この特徴のどれかに当てはまるようであれば、なるべく早く助産院に相談するようにしましょう。
もちろん育児に関する悩みならどんなことを相談しても構いませんし、専門的な立場から適切なアドバイスをもらえます。また育児が大変で外出ができないといった方には電話相談や訪問相談に対応した助産院もあるので安心です。

わが子がシャフリングベビーだった場合はどう対処すればいい?

赤ちゃんがハイハイをする年齢になってもハイハイをせず、座ったままの状態で移動することを「シャフリングベビー」といいます。親御さんは座ったまま移動するシャフリングベビーを見ると、どうしたらいいのか悩み、また、自分の子どもが予想もしないことをすると焦ったり、心配になったりするものでしょう。
育児のことで悩みがあったり、焦りや心配事があるならば、助産院に相談し、アドバイスをもらうといいでしょう。
助産院ならば、赤ちゃんや子どもに関する専門的な情報を知っているので、シャフリングベビーを始めとして、お悩みに合わせたアドバイスがもらえます。
些細な悩みや、赤ちゃんと過ごしていく中で気付かされたことなど、どんな話でも聞いてくれて、その都度アドバイスをしてくれます。
育児は子どもを育てながら習得していったり、様々な決断を迫られることで、その時に合った良い選択をしていくことで行われていきます。
しかし、育児においては両親だけでは解決できない問題がたくさん出てきますので、困ったときは気軽に助産院へ行って、育児の疑問や悩みを相談して、解決していくと良いでしょう。
近所に助産院があるか調べてみて、見つけたら是非、助産院へ足を運んでみてください。それまで悩んでいたことが解消されるでしょう。

Topics